AEDアイコンとは

AEDの意味と使用とは

トップ

AEDの意味と表示の情報

AEDがひと目で分かるアイコン

AEDとは、突然心臓が止まって動かなくなった人に電気ショックを与え、心臓を再び動かすようにする機器のことです。救急の事態に陥っても、これがあることで救急車が到着するまでの空白の時間に応急処置を行うことができるようになり、生存の可能性は飛躍的に上がります。そのため現在では色んな所に設置されていて、AEDの設置されているところが一目でわかるように工夫されています。とくにそのアイコンは一番目立つ色である赤を基調にして心臓の絵が使われています。また地図などにアイコンを表示させて設置している場所がわかるようにしているところも増えてきました。

アイコンが正式なマーク

近くにいた人が突如、心停止状態に陥った時に電気ショックを与えて停まってしまった心臓を正常な状態に戻すために使うのがAEDです。近年では、駅構内や大手ショッピングセンター、飲食店などで見かけることの多くなり、もしもの時のために使えるようにと講習会などが積極的に開かれています。設置されている場所には、必ずハートにイナヅマが描かれたアイコンが図解表示されていると思いますが、実はこのアイコンこそがAEDの設置場所であるという意味を示す統一表示として心肺蘇生委員会に正式に任命されたものであり、文字の部分は任意となっているのです。

© Copyright AEDの意味と使用とは. All rights reserved.